プロフィール
Profile
野津 良佑
テノール

野津 良佑

Notsu Ryosuke

Tenore

島根県松江市出身。くらしき作陽大学音楽学部音楽科卒業。同大学大学院修士課程修了。勝部俊行、田中誠、藤田卓也氏に師事。2010年と2015年に北イタリア研修セミナーに参加し、R.ロセッラ、L.マルツァガリア、R.カッツァニーガの各氏の指導を受ける。在学中より、同大学オペラ発表会において、モーツァルト、ドニゼッティ、マスカーニ、プッチーニ、チレアのオペラの諸役を演じる。 学外では「椿姫」ガストン、「トスカ」スポレッタ、「蝶々夫人」神官、「ノルマ」フラーヴィオなどを演じ、キルギス国立歌劇場で「夕鶴」与ひょうを演じた。2016の日伊国交150年祝祭オペラでは「ジャンニスキッキ」ゲラルドを演じた。現在、北九州シティオペラ会員、倉敷音楽芸術研究所主席研究員、出雲芸術アカデミー音楽院専任講師、出雲楽友協会会員。