会員情報

Solist
西 書子Fumiko Nishi
コレペティPiano
名前について

西 書子(にし ふみこ)ですが、一般的な読み方ではないので、専ら「しょこ」と呼ばれます。

音楽に進んだきっかけ

練習もコンクール嫌いで、鍵盤と膝でマンガを挟み、読みながら練習...コンクール前日の体育祭に出るなと言われたのに、日焼けでバレたり...好きな曲しか練習しない不良生徒でした。しかし、G・グールドの自由で緻密なバッハを聴いた事、他の楽器や作曲家と関わり、世界が大きく広がった事で一気にのめり込みました。

好きなオペラ&おすすめポイント
魔笛(モーツァルト)
元々モーツァルトは好きですが、死期の迫ったモーツァルトのクレイジーな感じがたまりません。現実から必死で逃れているようなファンタジー、溢れるメロディー、ちらりと見え隠れする恐怖、新しい演出にも平気で太刀打ちできる懐の深さがあります。
コレペティの難しさや魅力、気をつけていること

一番大切だと考えているのはリアリティです。楽器の様々な音色をピアノでどう表現するか。ピアノ伴奏の練習からオーケストラ伴奏の練習になった時に、歌手が違和感なく入っていけるよう、いろんな弾き方を試します。現代曲で使う特殊奏法が意外にも役立ったり、室内楽の経験が役立っています。これからの課題は言葉。まずはイタリア語をマスターしないといけません。

音楽以外に得意なこと、好きなこと

映画と本と音楽の話をしながらお酒を飲むこと。古い喫茶店でのんびりすること。ビルの屋上でボーっとすること。間近で見る打ち上げ花火。

座右の銘

「弾いている瞬間、一番その音楽を真剣に考えているのは自分」私の師匠が出番前、舞台の袖で掛けてくれた一言です。

HPをご覧くださった方へメッセージ

私は北九州シティオペラで、地元の演奏家たちと本場の経験豊かな音楽家たちが1つの舞台を作り上げる、非常に貴重な経験をしています。ぜひ皆様にも劇場に足をお運びいただき、生の迫力と感動を味わっていただければと思います。

corepe11_01.jpg

  • corepe11.jpg