歩み

HISTORY

「北九州シティオペラ」の歩みをご紹介いたします。
※画像をクリックすると、チラシなど拡大表示します。

2018
  • オペラ「ランメルモールのルチア」公演

    イタリアの一流歌劇場トリエステ・ヴェルディ歌劇場と北九州シティオペラの共同制作により、ドニゼッティのオペラ「ランメルモールのルチア」を2日間公演しました。
    指揮者ロベルト・ジャノーラ氏、演出家カルロ・アントニオ・デ・ルチア氏のもと、日伊共同のキャスト・オーケストラ・合唱で、本場イタリアオペラの舞台を北九州にて実現しました。


    □会場:北九州芸術劇場 大ホール
    □指揮:ロベルト・ジャノーラ
    □演出:アントニオ・デ・ルチア

    history_20180929_01.jpg
    history_20180929_02.jpg
    history_20180929_03.jpg
    history_20180929_04.jpg
  • 新春オペラ公演「プッチーニの祭典」
    イタリアを代表するオペラ作曲家、ジャコモ・プッチーニの作品より、第一部はオペラ《修道女アンジェリカ》、第二部は「名作4大オペラ名場面」を上演。

    □会場:北九州芸術劇場 大ホール
    □指揮:ダミアーノ・チェルッティ
    □演出:カルロ・アントニオ・デ・ルチア

    history_20180112_01.jpg
    history_20180112_02.jpg